タグ別アーカイブ: 名寄帳

名寄帳

20150513_151344_803 20150513_151640_511

昨日は相続手続きに必要な戸籍などの書類を収集しに南足柄市役所へ行ってきました。
戸籍住民課が忙しい3月4月の繁忙期ではなかったので、戸籍もすぐに出していただけました。

 

遺産分割協議書を作成するのに筆よな名寄帳も取得。
名寄帳は固定資産税に関する部署で通常は取得できます。

事前にうかがっていた土地に加えて、さらに道路部分が相続財産として存在することがわかりました。

相続人のかたもしらなかったわけですから、もし名寄帳を取得していなかったら道路部分の土地をもらしてしまうところでした。

 

相続財産に不動産がある場合には、必ず名寄帳を取得した方がよろしいかと思います。
このことは相続手続きだけではなく、遺言書を書く際にも言えることだと思います。

 

 

遺産分割協議書 見本1

遺産分割協議書 見本
クリックで拡大表示

 

相続財産に不動産がある場合の遺産分割協議書見本です。

 

土地や建物といった不動産を遺産分割協議書に記載するにあたっては、不動産登記事項証明書(登記簿謄本)を確認しながら正確に記載をいたします。

不動産登記事項証明書(登記簿謄本)を取得する前に、まずは不動産所在地の市区町村役場で「名寄帳」(なよせちょう)というものを取得し、不動産に漏れがないかどうかを確認することをお勧めいたします。

・土地が1筆(1つ)だと思っていたら登記上は2筆(2つ)だった
・共有の道路部分があった
・共有のゴミ置き場があった
・共有の畑を持っていた

などということが、もしかしたらあるかもしれません。

「名寄帳」は、市区町村役場の税務課などで発行していただくことが出来ます。

 

 

当事務所では相続手続きに必要な戸籍収集の他にも、遺産分割協議書の作成なども承っております。
相続手続きでお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。